全て日本語で利用できるネットカジノをプレイすると違法になるのか

投稿者: | 2021年8月12日

日本でもネットカジノプレイヤーの数が増えたことで、一部のネットカジノでは日本語に対応し、積極的に日本人プレイヤーを受け入れています。
サイト内表記はもちろんのこと、日本語に完全対応したサポート体制を確立しているため、英語が苦手な方や、ネットカジノ初心者も気軽に始めやすくなりました。

ただ以前に、日本人に特化したネットカジノのプレイヤーが逮捕された事件が起こっているため、日本語対応のネットカジノは大丈夫なのか?と心配されている方も多いかと思います。

そこで今回の記事では、全て日本語で利用できるネットカジノをプレイすると違法になるのかについて詳しく解説していきたいと思います。
安心安全にネットカジノで遊ぶためにも、是非参考になれば嬉しいです。

全て日本語で利用できるネットカジノをプレイすると違法になるのか

英語力0で遊べる完全日本語に対応したネットカジノ

インターネット上には数多くのネットカジノがありますが、そのほとんどは英語表記であり、問い合わせも英語でメッセージする必要があります。
英語でもある程度理解できるかと思いますが、やはりネットカジノは実際のお金を使ったギャンブルですから、英語ですと不安な部分も多くあるかと思います。

そこで英語力0で遊べる完全日本語に対応したネットカジノがおすすめで、サイト内のほぼ全ての言語を日本語に変更可能となっています。
もちろん翻訳ソフトで書き換えられた意味不明の日本語ではなく、正しい日本語が使われていますので、100%確実に理解することができます。

サポートデスクにも日本人が常駐しているネットカジノもあり、日本語を使って電話で問い合わせることも可能です。

日本人をターゲットにしたネットカジノ

ネットカジノの中には、日本人をターゲットにしたサイトもあり、日本語表記はもちろんのこと、ディーラーも日本人を採用しているネットカジノも存在します。
片言の日本語ではなく普通にチャットをしながら楽しめますので、ネットカジノをより一層満喫できること間違いありません。

導入ゲームも日本人を意識したタイプが多く、例えば4号機時代のパチスロをモチーフにした爆裂スロットもあります。
もちろんそれらゲームは、正規ライセンスを持つソフトウェアメーカーが開発していますので、ゲームに違法性はありません。

日本人限定のプロモーションやイベントなども開催していますので、お得にネットカジノで遊ぶことができます。

日本特化のネットカジノは違法性が問われる可能性あり

確かに日本人もターゲットにしたネットカジノは遊びやすくお得でもありますが、注意したいのは「日本人特化」のネットカジノです。
つまり日本人しか相手にしていないネットカジノのことで、運営元も日本人が関わっているケースがあります。

日本人をターゲットにしたネットカジノよりも楽しそうなイメージがありますが、「特化」だからこその危険性があります。
よくご存知の通り、今の日本では賭博法によってネットカジノはもちろんランドカジノの営業も違法行為に該当します。
日本人特化のネットカジノを、「胴元は日本にいる」と見なされ、プレイヤーは単純賭博罪で逮捕されてしまう可能性があります。

前項でご紹介したネットカジノは、あくまでも「日本人をターゲット」にしているだけで、日本人だけに特化しているのではなく、全く異なるものです。
このことから、日本人特化のネットカジノは「違法性があると見なされるリスク」がありますので注意が必要です。

実際に起こったスマートライブカジノ事件

実際に起こったスマートライブカジノ事件

2016年3月、日本人特化のネットカジノで遊んでいたプレイヤーが逮捕された事件が実際に起こりました。
今では「スマートライブカジノ事件」と呼ばれ、ネットカジノのプレイヤーが初めて逮捕された事件として広く知られています。

スマートライブカジノは、完全日本語対応でディーラーも日本人、またイベントやプロモーションも日本人に限定し、まさに日本人特化のネットカジノでした。
スマートライブカジノにはたくさんの日本人が登録していましたが、その中の3人がSNSでプレイの様子を公開していたことから、個人が特定され逮捕に至りました。
逮捕された理由は、「スマートライブカジノの胴元は日本にいる」と見なされたことで、単純賭博罪が適用され、最終的に略式起訴となりました。

ただ実際にはスマートライブカジノの胴元は海外を拠点にしており、日本には存在していません。
しかし「見なす」ということだけで単純賭博罪が適用されてしまったのです。

以上のことから、日本人特化のネットカジノは「犯罪と見なされる」可能性があるため、登録するのは控えるようにしましょう。
理不尽な話ですが、ネットカジノがグレーゾーンである以上、仕方の無いことなのかもしれません。

まとめ

まとめ

今回の記事では、全て日本語で利用できるネットカジノをプレイすると違法になるのかについて解説させていただきました。
日本人もターゲットにした大手ネットカジノでしたら問題ありませんが、日本人に特化したネットカジノは、「犯罪と見なされる」可能性があるため十分にご注意ください。

例えばカジ旅やベラジョンカジノ、ジパングカジノなどの大手ネットカジノは、日本語に対応し、日本人もターゲットにしたネットカジノとして有名です。
これらネットカジノでしたら「違法であると見なされる」ことはありませんのでご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です