ダントツに稼ぎやすいギャンブル

投稿者: | 2018年4月13日

競馬や競輪といえば日本国内で認められているギャンブルですが、勝敗予想の情報を必死に仕入れて臨むのが、往年のギャンブラーのスタイル。

また、パチンコは今ではコンピューター制御となっているために釘の状態を睨みながら、台を選ぶことは、恐らく昔の話となっているのかもしれません。
そのために、今では少しでもベストな台を選べるように、お店が開く前に並んで、すぐに座れるように競いあっています。
それがパチンコの必勝法なのでしょうか。

どんなギャンブルでも、100%勝てるという保証はありません。
しかし、勝つ確率を少しでも高くするための方法はあるものです。
それは、オンラインカジノでも言えることです。

オンラインカジノは、ペイアウト率が高い!

オンラインカジノでも、勝率を高める方法はゲーム毎にあります。
しかし、その前に他のギャンブルと比べて、比較的稼ぎやすい環境にあることを知っておくと、余計にオンラインカジノにハマルことでしょう。
稼ぎやすい環境とは、ペイアウト率が高いということです。

ペイアウト率とは、掛け金総額に対する配当金総額の比率です。
いわゆる払い戻し率のことです。

オンラインカジノのペイアウト率は95%以上。
競馬や競輪は80%程度と言われています。これが宝くじやパチンコとなると、さらに低くなってくるので、いかにカジノのペイアウト率が高いかが分かります。
しかも、カジノのゲームの種類によっては99%台ものペイアウトを誇るものもありますので、他のギャンブルと比べても、かなり稼ぎやすい環境にあるのかもしれません。

また、インターネットが繋がっている環境であれば、時間の許す限り、何時でもプレイすることができるので、稼ぐ機会もそれだけ増えるというものです。

ベッティングシステムという賭け方

オンラインカジノには、ブラックジャックやバカラ、ポーカーのようなカードゲームやルーレットがあります。
これらのゲームは、チップの掛け方に戦略があり、ベッティングシステムと呼ばれています。
この戦略は、ゲームの特性で分けられることができます。

例えば、前のゲームの結果が次のプレイに影響するを及ぼす独立タイプと全く影響がない非独立タイプに分けられます。
非独立タイプのゲームだと、有利か不利になる状況に応じて、ベットすることによって勝つ確率を変動させることができます。
独立タイプのゲームは,賭け方を分散させることで、確率を変えることができます。

非独立タイプの賭け方

この手のゲームは、ブラックジャックやバカラがあります。
これらのゲームでは、1回毎にカードをシャッフルし直すことはありません。前ゲームで使われたカードが除かれた状態で次のゲームが始まることになります。
したがって、次のプレイを追うごとに勝敗の確率が変動するので、プレイヤは、この特性を睨みながら、ゲーム展開を図ることができるのです。

ブラックジャックでは、この偏りを利用するカウンティングかあります。
不利と思われる場合や、カードが配られた始めの貝では最小単位で賭けるミニマムベットで攻めたり、有利でないにしても、勝てる要素がある場合は、勝てそうな確率を想定して賭けることもあります。また、断然に有利だと思われる場合には、積極的にになれば、最大で賭けるマックスベットを取ることもあります。
これは、バカラでも似たような賭け方になることがあります。

独立タイプのゲームの賭け方

独立タイプのゲームと言えば、ルーレットがありますが、前のプレイ結果が、次のゲームに影響しない特性を持っています。
このようなタイプのゲームは、控除率(ハウスエッジ)が、0ではない限りどのような賭け方をしても、期待値はいつもマイナス状態になっています。
したがって、長い時間プレイして勝ち続けることが、とても難しいのです。しかし、賭け方のパターンを考えるのとで、大きな配当金を稼ぐか、大きな損失を産み出してしまうハイリスク・ハイリターンやローリスク・ローリターンの勝敗パターンを選ぶことができるのです。

ルーレットでは、掛け金のプラス、マイナスの目標値を設定しておくことで、その時点に達した時にゲーム終了することが、理想的なゲームの引き際と言えるでしょう。

メジャーな賭け方の手法

賭け方には、昔から次のような手法があります。

・マーチンゲール法

これは、昔から確立されていた手法ですが、チップを倍賭けする方法です。
始めに1チップ賭けます。
もし、負ければその倍賭けて、再び負ければさらにその倍掛けます。
但し、一度でも勝てば、すぐに1チップに戻して賭けていく方法です。

マーチンゲール法は、試行回数に関係なく勝った時に、1チップを得ることになります。
大抵の場合、少ない額の勝ちとなるほのですが、負ける時は大きな損失となります。
負けが連続するとたちまちパンクしたたり、もしくはテーブルリミットで賭ける上限枠に達してしまうデメリットがあります。

・グランマーチンゲール

マーチンゲールのバリエーションで派生系の1つの手法です。
始めに1チップ賭けて、負けた時は倍の2チップに1チップ加えて、計3チップ賭けます。
次回も負ければ倍の6チップに1チップ足して計7チップ賭けます。
常に試行回数×1チップを得ること狙う手法です
マーチンゲールよりパンクのリスクは高くなるのが、特徴です。

その他にも数多くの手法があるので、それらの攻め方の特徴を認識しながら、自分のプレイスタイルを確立させておくことで、勝利の女神が微笑んでくれることになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です